無線LANって何? 無線LANの基礎知識

お役立ち情報

今やパソコンなしのオフィスなど考えられないほど情報端末が生活に浸透しています。それにともなって情報ネットワークも昔に比べると格段に身近になっています。

あまりにも当たり前で便利になっているので意識していないかもしれませんが私たちは日常的に「無線LAN」の技術に触れています。

無線LAN」という名前は知っていてなんとなく使っているけど実際どういうものなのかはよく分かっていない、という人もいるのでは?

LANとは?

そもそも「LAN」って何のことなの?

LANというのは「Local Area Network」の略。一定の範囲内にあるパソコンをはじめとした通信機器などを接続してお互いにデータ通信が行えることを可能としたネットワークのことです。

一般的にオフィスや家庭のような同一建物内や室内の中で構築されるネットワークを指しています。

WAN」とは全く違うのよ。

因みに「WAN」という似たような名前のものもありますが、こちらは「Wide Area Network」の略で、遠く離れた場所にある通信機器などと接続するネットワークのことです。

無線LANについて

無線LAN」とは電波を利用して通信機器同士が物理的に直接接続することなく、無線通信によってデータ通信を行うネットワーク(LAN)のことを指します。

これに対してケーブルなどで通信機器を直接繋いでデータ通信を行うネットワークを「有線LAN」と呼びます。

無線LANのメリット

最大のメリットは通信ケーブルを使わないことで、室内や建物内で近距離とはいえ離れた場所にある端末同士を繋ぐうえで融通が利きます。

無線LANのデメリット

デメリットとしては有線LANに比べると通信速度、安定性、セキュリティ面などで劣ることがあげられます。

とはいってもオフィスや家庭内で使うにはそれほど不便はないよね。

有線だとケーブルだらけになっちゃうもんね。

無線LANとWi-Fiは違うの?

Wi-Fi」というのは「Wi-Fi Alliance」というアメリの業界団体)によって作られた無線LANに関する登録商標です。

無線LANは商品化された当時は規格がバラバラでしたが、現在では「IEEE 802.11」が国際標準規格となっています。

Wi-Fi Alliance」はこの「IEEE 802.11」規格を採用した情報通信機器に対する認定業務を行っています。

つまり「Wi-Fi」に認定された情報通信機器は「IEEE 802.11」規格を使用したデバイス間の相互接続が可能と認められていることを示しています。

あまり意識せずに「Wi-Fi」って言ってたけどそういう意味があったのね。

今では無線LANと言えばWi-Fiっていうくらい浸透してるからね。


UQモバイルでは「乗り換え(MNP)でSIMのみを購入(スマホはそのまま)」の場合、最大10,000円キャッシュバックのキャンペーンを実施中!

タイトルとURLをコピーしました