楽天モバイル、新型コロナウイルスワクチン接種の予約電話に関する注意

ニュース

楽天モバイルは2021年5月14日、新型コロナウイルスワクチン接種の予約電話について、コミュニケーションアプリ「Rakuten Link」を利用した場合でも通話料が発生するケースについて注意を促している。

※アイキャッチ画像及びトップ画像は楽天モバイル HPより引用

ナビダイヤルでは通話料が発生

楽天モバイルは2021年5月14日(金)、新型コロナウイルスワクチン接種の予約電話について下記のように注意を促している。

現在、多くの自治体において新型コロナウイルスワクチン接種の電話予約が開始されております。予約用電話番号がナビダイヤル(「0570」からはじまる電話番号)の場合、楽天モバイルの携帯キャリアサービスで提供しているコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」をご利用の場合でも通話料が発生します。

楽天モバイル HPより引用

楽天モバイルではコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」を利用して電話をすると通話料が無料となるが、新型コロナウイルスワクチン接種予約用の電話番号がナビダイヤル(「0570」からはじまる電話番号)の場合は例外となり通話料が発生する。

予約の電話が長時間となる場合、通話料が高額となる可能性がる。また、「楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)」でスーパーホーダイ、組み合わせプラン、コミコミプランを契約している場合に利用されている「楽天でんわ」の場合も同様とのこと。

Rakuten Link」を使用して発信した場合でも通話料が発生する電話番号については以下より。
参考:「Rakuten Link」で発信しても通話料が発生する電話番号

楽天モバイルについて

楽天モバイル」について詳しくは下記記事を参照してください。

タイトルとURLをコピーしました