実際、楽天モバイルってどうなの? メリットやデメリットを紹介

その他の格安SIM

「日本のスマホ代は高すぎる!」と米倉涼子さんが吠えるCMでお馴染みの「楽天モバイル」。ドコモ、au、ソフトバンクに続く「第4のキャリア」として注目を集めています。

MNOとして大手通信キャリアの位置づけでありながら格安SIMと比べても遜色ない料金プランを打ち出すなど、日本のスマホ事情を大きく変えてくれそうな存在でもあります。

というわけで今回はその「楽天モバイル」の料金プランやメリット、デメリットを詳しく解説してみましょう。

※アイキャッチ画像及びトップ画像は楽天モバイル HPより引用

楽天モバイルとは?

楽天グループの「楽天モバイル株式会社」が提供する携帯電話の移動体通信サービス「楽天モバイル」。

mineoやLINEモバイルのようなMVNO(仮想移動体通信事業者)というイメージがありますが、実はドコモ、au、ソフトバンクと同じMNO(移動体通信事業者)であり、いわゆる「第4のキャリア」と呼ばれています。

ただサービス内容を見ると大手通信キャリアというよりも、どちらかというと格安SIMという印象の方が強いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

料金プランは1つだけ

楽天モバイルの料金プランは極めてシンプルで月額料金3,278円の「Rakuten UN-LIMIT V」1つだけです。

料金プランの概要

実は楽天モバイルはMNOとはいってもまだ自前の回線網が他社ほど全国を網羅できていません(2020.11.07現在)。そこでauの回線をパートナー回線として使用しています

楽天回線エリアではどれだけデータ通信を行ってもOK、つまり使い放題で容量無制限。なのでもちろん速度制限もありません。ただし、楽天回線エリアはまだ東京、大阪、名古屋、福岡、札幌といった一部の都市しか展開されておらず(2020.11.07現在)全国でこの恩恵をうけられるわけではありません。

参考:楽天回線エリア
参考:楽天回線エリア(5G)

そのため生活圏が楽天回線エリア以外の場合はパートナー回線のデータ容量5GBのプランと考えるのが適当でしょう。

  楽天回線エリア パートナー回線エリア
データ容量 無制限 5GB
制限時の通信速度 1Mbps

使い放題っていうのはすごいけどエリアがまだまだ限られてるんだよねー。

パートナー回線エリアで考えた場合、5GBで3,278円だとちょっと高いかなーっていう感じね。ただ、5GB使い切っても1Mbpsなのは嬉しいわね。

楽天回線エリアが全国に広がったらかなり魅力的なんだけど・・・

そのときに使い放題のプランがまだ続いてたら確かにそうよね。どっちにしても今後の展開は気になるところかな~~~

っていうことなんだけど、300万人を対象に月額料金が1年間無料になるキャンペーンをやってるから乗り換えを検討してる人は利用してみてもいいかもね。

1年間無料ってすごいね・・・

後でも説明するけど、契約事務手数料、MNP転出手数料、契約解除料は無しだから気軽に乗り換えができるんだよね。

楽天モバイルでは300万人を対象に「Rakuten UN-LIMIT V プラン」の料金3,278円/月が1年間無料となるキャンペーンを実施中!

各種手数料を無料に

画像は楽天モバイル HPより引用

楽天モバイルは完全仮想化クラウドネイティブネットワークによるコスト削減で「ZERO宣言」として各種手数料を無料としています。

無料とされている各種手数料は以下の通り。

  • 契約事務手数料
  • SIM交換手数料
  • SIM再発行手数料
  • MNP転出手数料
  • 契約解除料

これすごいね。初期費用がかからないってことかな。

そうね。それに契約解除料やMNP転出手数料も0だから解約したり他社に乗り換えるのも気軽にできるわね。

データ容量の繰り越しはできない

楽天回線エリアでは使い放題、パートナー回線エリアのデータ容量は5GB。で、その5GBが余ったら翌月に繰り越しはできるのか?

という疑問があるかと思いますが、残念ながら繰り越しはできません。当月のみ有効とされているようです。

毎月付与される通信容量(5GB) 1ヶ月間(当月末まで)
チャージ通信容量 購入日を含め31日間

まあ楽天回線エリアが使い放題だからデータ容量の繰り越しっていう考え方もないのかな。

それにデータ容量を使い切っても1Mbpsでデータ通信できるからねー。

スポンサードリンク

通話料・通話オプション

楽天モバイルの通話料は以下の通り。契約者が利用できる「Rakuten Link」というアプリを通して電話すると国内の通話料金が無料になるのでお得です

また国際通話の場合でも「Rakuten Link」を使うと海外⇒日本(※)の通話料が無料。日本⇒海外の場合は「Rakuten Link」利用者同士であれば無料となります。
※海外指定66の国と地域からのみ発信可能。

通話 国内通話 国際通話
日本⇒海外 海外⇒日本
Rakuten Link同士 0円 0円 0円
Rakuten Link利用 0円 国・地域別従量課金 0円
通常時 22円/30秒 国・地域別従量課金 利用不可

すごいよね。実質電話かけ放題ってことじゃない。

それにアプリといってもIP電話じゃなくて電話回線を使ってるから音質は普通に電話するときと変わらないよ。

Rakuten Link

Rakuten Link

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

SMSも同様に「Rakuten Link」アプリを通して電話すると国内のSMS送信が無料、また国際SMS(※)の場合でも同じく無料となります。
※海外指定66の国と地域からのみ発信可能。

SMS 国内SMS 国際SMS
日本⇒海外 海外⇒日本
Rakuten Link同士 0円 0円 0円
Rakuten Link利用 0円 0円 0円
通常時 3円/70文字(全角) 100円/70文字(全角) 利用不可

そうか、電話回線だからSMSも恩恵を受けるのね。

そういうこと。SMSって認証でわりと使うことが多いからね。

あ、あと国際電話向けに通話オプションがあるよ。

国内通話はアプリを使えば無料だからオプションは必要ないってわけか。

国際通話かけ放題(1,078円/月)

※海外指定66の国が対象。

通話 Rakuten Link利用時 通常時
日本⇒海外 かけ放題 かけ放題
海外⇒海外 かけ放題 不可

海外でも国内とは別に2GB使用可能

画像は楽天モバイル HPより引用

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」は海外でもデータ通信ができるのが特徴。国内とは別に2GB/月のデータ容量が用意されています。

海外旅行などに出かけたときにスマホを持って行くだけでそのまま現地でデータ通信を利用することができるのです。

これもすごいよね! 海外旅行に行くときにモバイルWi-Fiをレンタルしたり、プリペイドSIMを買ったりしなくていいもんね!

それに国内とは別にデータ容量が使えるから国内分(パートナー回線エリア)のデータ容量を気にしなくていいんだよ。

2GBあれば3泊4日程度ならじゅうぶんだと思うけど、万が一使い切ったら困らないかな。

海外分のデータ容量もチャージできるから心配ないよ。1GBあたり550円で購入できるわよ。

追加データ容量 チャージ金額
1GB 500円
2GB 1,000円
3GB 1,500円
4GB 2,000円
5GB 2,500円

楽天モバイルの通信速度

楽天モバイルは自社回線の楽天回線エリアとau回線のパートナー回線エリアを以てサービスを提供しているのですが、まだ楽天回線エリアの拡充は一部地域にとどまっています。

また楽天モバイルへのローミング提供を行っているKDDIは「都道府県毎に楽天モバイル株式会社の自前エリアの人口カバー率70%を上回った時点で両社の協議を以て、各都道府県のローミング提供の継続・終了を決定します。」としており2020年10月以降、東京都、大阪府、奈良県の一部では順次ローミング提供を終了する予定です。

これによりデータ通信が不安定になったという声も聞かれるようです。

うーん、やっぱり新規参入した「第4のキャリア」ってことだからまだいろいろ不安定なのかなー?

それはそうかもね。でも1年間無料、アプリを使えば通話も無料、海外でも使えるっていうことを考えると今のうちに契約するかどうか悩ましいところね。

スポンサードリンク

楽天モバイルのキャンペーン

楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン

期間:2020年10月7日〜終了日未定

画像は楽天モバイル HPより引用

楽天モバイルでは期間中に光回線インターネットサービス「楽天ひかり」の申し込みをした人で、楽天モバイルをすでに利用している、または「楽天ひかり」申し込みの翌月15日までに楽天モバイルに申し込みをした人を対象に最大1年間月額基本料が無料となるキャンペーンを実施中。

Rakuten UN-LIMIT V プラン料金1年間無料キャンペーン

期間:〜終了日未定

楽天モバイルでは300万人を対象に「Rakuten UN-LIMIT V プラン」の料金3,278円/月が1年間無料となるキャンペーンを実施中

楽天モバイルのメリット・デメリット

楽天モバイルのメリット・デメリットをまとめてみました。

楽天モバイルのメリット

  • 楽天回線エリアではデータ通信無制限。
  • 専用アプリを使えば国内通話料が無料。
  • 海外でも国内とは別に2GBデータ通信可能。
  • 最低利用期間、契約解除料は不要。
  • 契約事務手数料が無料。
  • SIM交換手数料、SIM再発行手数料が無料。
  • MNP転出手数料が無料。
  • 月額料金が1年間無料のキャンペーンあり。

楽天モバイルのデメリット

  • プランが1つしかない。
  • 楽天回線エリアがまだ一部のみ。
  • 通信速度が不安定。
  • 余ったデータ容量の繰り越しができない。

メリットはけっこうお得感が大きいものが多いよね。特に通話料とか海外でも使えるとか・・・

新規参入したキャリアだけにまだ不安定なところはあるけど、その分インパクトのあるサービスで補っていこうってところかな。


楽天モバイルでは300万人を対象に「Rakuten UN-LIMIT V プラン」の料金3,278円/月が1年間無料となるキャンペーンを実施中!

タイトルとURLをコピーしました