スマホのデータ通信量を節約するにはどうすればいい?

お役立ち情報

月間に使用できるデータ通信量が細かく細分化されているのが格安SIMのプランの特徴。当然その量が多ければ料金が高く、少なければ安い料金で利用することができます。

逆に言えば使用するデータ通信量をうまく抑えることができればそれだけスマホ料金を安くすることができるということです。

格安SIMを使うからにはむやみにデータ通信量を消費するのは避けないとね。

なるべく少ないデータ通信量で安いプランを使いたいよね。

自宅ではWi-Fiを使う

そうしている人にとっては当たり前の話ですが意外に知らない人も多い。大手通信キャリアを使っていたらデータ通信量の節約なんてあまり気にしないという人もいるでしょう。

そうするとWi-Fiを使う必要もないわけで自宅でもどこでもパケット通信をしてたのでWi-Fiなんて使おうと思わなかった。ということもあるんですよね。

格安SIMを使うなら自宅でWi-Fiを使うのは当然よね。

インターネット回線があるんだから使わなきゃね。

「でも自宅でどうやってWi-Fiを使うの?」

おそらくほとんどの人が自宅にはインターネット回線を引き込んでパソコンでネットに接続していますよね。

であれば簡単にWi-Fiは設置できます。家電量販店やネットショップで「Wi-Fiルーター」を購入してOMU(またはモデム)に接続するだけです。

インターネット回線については定額の料金を払っていると思うのでスマホでWi-Fiに繋いでネットをいくら利用してもそれ以上の出費は発生しないし、パケット通信も行わないので月間のデータ量を消費することもありません。

外出中は極力フリーWi-Fiを使う

自宅ではWi-Fiを使えばいいわけですが外出中はそういうわけにもいきません。そのかわりフリーWi-Fiスポットを積極的に使うようにしましょう。

フリーWi-Fiスポットとは無料でWi-Fiが利用できる場所のことで、駅やバス停といった公共施設、コンビニ、カフェなどで利用できます。

動画やゲームはWi-Fiで

動画の試聴やゲームなどはデータ通信量を大量に消費するのでなるべくWi-Fiに接続した状態で使用するようにしましょう。

動画ほどではありませんがInstagramも注意が必要。投稿するだけでなく見ているだけでもけっこうデータ量を消費します。

そう言われれば写真ばかりだもんね。

あと意外なところではTwitter。文字だけでなく画像や動画が添付されている投稿もあるので眺めているだけでも思いのほかデータ量を消費します。

ついつい長時間見てしまうから注意が必要ね。

まとめ

ということで格安SIMを使うならデータ通信量を節約していわゆる「ギガ不足」にならないようにしましょう。

やっぱり重要なのはできるだけWi-Fiに接続してネットを利用するということですね。最近ではフリーWi-Fiスポットもかなり整備されているので昔に比べるとずいぶん便利になっていますよ。

いろいろ細かいテクニックもあるけどやっぱり重要なのはできるだけWi-Fiに繋いでパケット通信は避けることね。

そうね。自宅でWi-Fiを使うだけでもかなり節約できるから3GB、5GBくらいのプランでもいけると思うよ。


UQモバイルでは「乗り換え(MNP)でSIMのみを購入(スマホはそのまま)」の場合、最大10,000円キャッシュバックのキャンペーンを実施中!

タイトルとURLをコピーしました