SMS(ショートメッセージサービス)とは?

お役立ち情報

たまにメッセージアプリでやり取りすることがあるけど、あれってチャットなの?

あれはSMSといってチャットとはちょっと違うのよね。

iPhoneでもAndroid端末でもメッセージアプリは標準装備されていますが、それが何なのかあまり意識せず使ってるという人も多いのではないでしょうか。

実はこれはSMS(iPhoneの場合はMMS、iMessageも併用)を利用したアプリであり、その機能を使ってメッセージのやり取りをしているのです。

SMS(Short Message Service)

SMSとは「Short Message Service(ショートメッセージサービス)」の略で、携帯電話同士で電話番号を宛先としてメッセージのやり取りを行うサービスのことです。

SMSはiPhone、Android端末ともにメッセージをアプリを使ってメッセージを送ることができます。

パッと見た感じチャットみたいな印象よね。

あまり意識して使ってない人が多いんじゃないかな。

スポンサードリンク

SMSの特徴

SMSの特徴としては以下のようなものがあげられます。

  • 送信料がかかる。
  • 画像やファイルは送れない。
  • 送信できる文字数に制限がある。
  • 件名は付けられない。

送信料がかかる

SMSはメールはと違ってインターネット回線ではなく電話回線を使ってメッセージのやり取りを行います。そのため通話と同じように1通送る毎に送信料が発生します。また受信料は発生しません

送信料は送信する文字数や、あて先が国内・国外かによって料金が変わります。例えばUQモバイルではSMSの送信料は以下のようになっています。

国内SMS送信料

送信可能文字数(全角) 送信料(税抜)
1~70文字 3円
71~134文字 6円
135~201文字 9円
202~268文字 12円
269~335文字 15円
336~402文字 18円
403~469文字 21円
470~536文字 24円
537~603文字 27円
604~670文字 30円

国際SMS送信料

送信可能文字数(全角) 送信料(税抜)
1~70文字 100円
71~134文字 200円
135~201文字 300円
202~268文字 400円
269~335文字 500円
336~402文字 600円
403~469文字 700円
470~536文字 800円
537~603文字 900円
604~670文字 1,000円

画像やファイルは送れない

SMSは短文のメッセージのやり取りを前提としたサービスのため、メールと違って画像やファイルを添付して送信することはできません

あまり込み入ったやり取りはできないのよね。

複雑なやり取りはメールの方がいいね。

送信できる文字数に制限がある

SMSでは1通につき送信できる文字数に制限があり、全角の場合670文字まで、半角英数字の場合は1530文字までとなっています。
※機種・アプリによっては送信可能な上限文字数に違いがある。

SMSで長文を送ることってそんなにないもんね。

スポンサードリンク

件名は付けられない

SMSはメッセージのみのやり取りを行うため、メールのように「件名」を付けることができません

例えば電話番号だけを知っている相手に初めてメッセージを送る場合、メッセージに自分の名前を入れてなかったら相手は誰からメッセージが来たのか分からない、ということになります。

このへんがチャットのように感じるところかな。

SMSの意外な重要性

長文とか画像の添付はできないし、簡単なやり取りはLINEとかメッセンジャーみたいなアプリがあるし、SMSってそんなに必要かな?

それが意外な重要性があるのよ。

最近ではインターネット関連サービスやシェアリングエコノミーといったソーシャルメディアを活用したサービスにおいて本人確認のため「SMS認証」を導入しているケースが増えています。

例えばあるシェアリングエコノミーを利用するためアカウント作成を行う際、以下のようなやり取りが発生します。

  • 個人情報として電話番号を入力。
  • サービス提供側からSMSが送られてくる。
  • SMSのメッセージに記載されている認証番号を入力。
  • アカウント作成完了。

といった具合にSMSを利用して不正にアカウント作成ができないようにチェックが行われます。

つまりSMS機能がなければこれらのサービスが利用できないということになるのでSMSは意外にも必須なツールだということになります。

あまりプライベートでは使わないけど重要なのね。

簡単だしセキュリティ対策にも便利なのよね。

スポンサードリンク

まとめ

SMSは本人認証のようにセキュリティ対策として使われる以外はあまり使いどころがないように思われるかもしれませんが、ビジネスではわりと便利なんですよね。

例えば離れてる相手に「ちょっと離席します」とか「今駅に到着しました」とか、ちょっとした会話のようなやり取りにはちょうどいいんですよ。

わざわざメールを送ったり電話をかけたりするほどのことでもないし、かと言ってLINEやメッセンジャーはプライベートだけで仕事にはできれば使いたくない、というときにはSMSが手頃なんですよね。

確かに電話するよりも気楽に会話ができる感じはするよね。

でもあまり頻繁に使うと送信料がかさむから注意しようね。


UQモバイルでは「乗り換え(MNP)でSIMのみを購入(スマホはそのまま)」の場合10,000円キャッシュバックのキャンペーンを実施中!

タイトルとURLをコピーしました