モバイルデータ通信とは? iPhoneでオン~オフを切り替えて節約

お役立ち情報

iPhoneの設定アプリの項目に「モバイルデータ通信」というものがあるのですが「名前は知ってるけど何のことか詳しくは分からない」「よく分からないから触らないようにしてる」という人はけっこういるのではないでしょうか。

そんなに難しいことではないのですが意外に知られていないところがあるのではと思います。理解しておくと便利に使いこなすこともできますよ。

モバイルデータ通信とは?

モバイルデータ通信」というのは、キャリア(携帯電話会社)の回線を使用してデータ通信を行うことです。

ようするにドコモとかソフトバンクとかの回線を使ってインターネットを使うことね。

インターネットを利用するのにそれ以外に何かあるの? と言われそうですがWi-Fiに接続しているときはキャリアの回線は使っていなんですよ。

UQモバイルをはじめとした格安SIMの多くが提供しているデータ通信のプランは利用できるデータ通信量が決まっていますが、それはこの「モバイルデータ通信」が対象なのです。つまりWi-Fiに接続していれば「モバイルデータ通信」ではないのでデータ通信量を節約することができるのです。

スマホでインターネットに接続するときはキャリアの回線を使うかWi-Fiを使うかの2種類ね。

スポンサードリンク

モバイルデータ通信のオン・オフ

iPhoneではモバイルデータ通信のオン・オフを切り替えることができます

オン~オフに切り替えることで機能がどのように違ってくるかというのは以下の通りです。

モバイルデータ通信 電話 ネット SMS MMS
オン
オフ × ×

上の表からも分かるようにモバイルデータ通信をオフにするとインターネットに接続することができなくなります。一方で電話は通常通り使用することが可能です。

SMS(ショートメッセージサービス)」は電話回線を使用したメッセージのやり取りなのでモバイルデータ通信がオフの状態でも使用可能。「MMS(マルチメディアメッセージングサービス)」はデータ通信なので使用不可となります。

SMS」と「MMS」について詳しくは下記記事を参考にしてください。

使えなくなるのはネットだけね。

電話もできないのかと思ってたよ・・・

ただしWi-Fiがあればネット接続はできるよ。

モバイルデータ通信がオフの状態でもWi-Fiが使用できる環境であれば、Wi-Fiをオンにしてインターネットを利用するこができます。

モバイルデータ通信」がオフの状態って「機内モード」によく似てるんだけどちょっと違うんだよね。

意外と区別がついてない人がいそう。

スポンサードリンク

iPhoneでモバイルデータ通信のオン・オフを切り替える方法

設定アプリから切り替え

設定アプリから「モバイルデータ通信」のオン~オフを切り替えることができます。

設定」をタップします。

モバイル通信」をタップします。

モバイルデータ通信」のスイッチをタップします。

モバイルデータ通信」がオフになりました。

コントロールセンターから切り替え

コントロールセンターで「モバイルデータ通信」のオン~オフを切り替えることもできます。どちらかというとこちらの方が簡単ですね。

ホームボタンがある場合
画面下からスワイプしてコントロールセンターを表示します。

ホームボタンがない場合
画面上からスワイプしてとコントロールセンターを表示します。

アンテナのアイコンをタップします。

モバイルデータ通信」がオフになりました。

スポンサードリンク

アプリ個別で切り替えることも可能

設定アプリから「モバイルデータ通信」をオフにすると全ての機能においてデータ通信が不可となるのですが、個別にアプリを指定してモバイルデータ通信のオン・オフを切り替えることも可能です

例えば「通常はモバイルデータ通信オンでいいんだけどYouTubeはデータ通信量が大きいからWi-Fiに接続してるときだけ使いたい」といった場合にYouTubeだけ指定してモバイルデータ通信をオフにすることができます。

そうすれば普段はモバイルデータ通信でインターネットに接続できますが、YouTubeだけはWi-Fiの環境があるときのみ使用できるので、うっかりWi-Fiに接続するのを忘れて大量にデータ容量を消費してしまった、というような失敗をさけることができます。

アプリ個別にモバイルデータ通信のオン・オフを切り替える方法は下記記事を参考にしてください。

スポンサードリンク

まとめ

例えば月半ばですでにデータ通信量がかさんできたので「インターネットはWi-Fiに接続してるときだけ」と決めたときなどに「モバイルデータ通信」をオフにしておくと、うっかりWi-Fiに接続し忘れてデータ通信をしてしまう、という失敗を避けることができますね。

電話はできるからオフにしておいてもそれほど不便じゃないよね。

どうしても必要というときだけオンに戻せば無駄遣いをしなくてすむよ。


UQモバイル キャッシュバックキャンペーン

UQモバイルでは「乗り換え(MNP)でSIMのみを購入(スマホはそのまま)」の場合、最大10,000円キャッシュバックのキャンペーンを実施中!


おすすめ格安SIM

UQモバイル auのサブブランド。Web申し込みで最大10,000円のキャッシュバックあり!


Y!mobile ソフトバンクのサブブランド。10分以内の国内通話は無料。


楽天モバイル 「第4のキャリア」として注目。「ZERO宣言」で初期費用など各種手数料が無料!


mineo マイネオ 独自のデータ容量シェアサービスが面白い人気格安SIM。


OCN モバイル ONE ドコモ系の人気格安SIM。安定した通信速度とバランスの良いデータ容量のプランが魅力。


IIJmio ドコモとauの回線が選べる格安SIM。eSIM対応の「データプラン ゼロ」も。


BIGLOBEモバイル ドコモとauの回線が選べる格安SIM。エンタメフリーオプションがお得。


LINEモバイル ドコモ、au、ソフトバンクの回線が選べる。LINEの年齢認証・ID検索にも対応。


イオンモバイル 40種類以上から選べる豊富なプランが魅力。安さも格安SIMではトップクラス。


nuroモバイル ドコモ、au、ソフトバンクの回線が選べる。データの前借りなど独特のサービスあり。


LIBMO(リブモ) キャンペーンを利用すると30GBプランが大幅に割引き!

タイトルとURLをコピーしました