便利? 余計なお世話? iPhoneのWi-Fiアシスト機能

お役立ち情報

「普段から気を付けてWi-Fiを使うようにしてるのに、いつの間にかデータ通信容量が減ってる!?」

という経験はありませんでしょうか? そんなときは「Wi-Fiアシスト」機能がオンになってないか調べてみましょう。

Wi-Fiアシストとは?

Wi-Fiアシスト」とは、Wi-Fiの接続状況が不安定なときに自動的にモバイルデータ通信に切り替える機能です。iOS9以降に追加された機能です。

例えばWi-Fiに接続してインターネットを利用しているとき、Webページを読み込み中にWi-Fiの接続状況が悪くなると、モバイルデータ通信に切り替わってWebページを読み込みを続行してくれます。

基本的にWi-Fiを使うけど調子がよくないときだけモバイルデータ通信に切り替わってくれるのね。それは便利よね。

そうね。でもそうとも言えない場合もあるのよ。

格安SIMのプランを利用している場合、データ容量に制限があるのでなるべく節約して使っている人は多いですよね。

そういう人にとってはこの「Wi-Fiアシスト」は有難迷惑ということになる可能性もあります。

スマホを使っている最中に自動でWi-Fiからモバイルデータ通信に切り替わったことなどたぶん意識することはないですよね。知らないうちに大量のデータ通信量を消費してた、ということになりかねません。

Wi-Fiに接続してると思って安心してガンガン使ってしまうってことがありそうね。

そういう人にとっては「余計なことするなよ」ってことになるよね。

Wi-Fiからモバイルデータ通信に勝手に切り替えるのは止めてほしい、という人は「Wi-Fiアシスト」の機能をオフにしておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

Wi-Fiアシストの設定方法

Wi-Fiアシスト」は設定アプリでオン・オフを切り替えることができます。

設定」をタップします。

モバイル通信」をタップします。

一番下の方までスクロールします。

(オン⇒オフの場合)「Wi-Fiアシスト」のスイッチをタップします。

Wi-Fiアシスト」がオフになりました。オフ⇒オンに切り替える場合も同様です。

スポンサードリンク

まとめ

Wi-Fiアシスト」はデフォルトでオンになっているので「気付かずにずっとオンのまま使っていた」という人が多いかもしれませんね。

上手く使えば便利な機能なので自分の使い方に合わせてオン・オフを切り替えるようにしましょう。

データ量を節約したい人にとっては状況次第で便利な機能なのよね。

なるべく節約したいけどどうしてもインターネットを使わないといけないときはオン、少しでも節約したいときにはオフにするといいね。


UQモバイルでは「乗り換え(MNP)でSIMのみを購入(スマホはそのまま)」の場合、最大10,000円キャッシュバックのキャンペーンを実施中!

タイトルとURLをコピーしました