KDDI、2021年2月以降「au」と「UQ mobile」間の乗り換え時に発生する各種手数料を不要の方向へ

ニュース

2020年10月に「UQモバイル」を統合してサブブランドとしたKDDIは12月9日(水)、「au」と「UQモバイル」間の移行の円滑化を目的として相互ブランド間の乗り換え時に発生する各種手数料や手続きについて見直しを行うことを発表。

※アイキャッチ画像及びトップ画像はau HPUQモバイル HPより引用

スポンサードリンク

「au」「UQ mobile」間の移行を円滑化

KDDIは12月9日(水)、「au」と「UQモバイル」間の移行の円滑化に向けて、ブランド間の乗り換え時に発生する手数料や手続きについて見直しを行うことを発表。

2021年2月以降、「au」と「UQ mobile」のブランド間の移行に係る手数料など (「契約解除料」「番号移行手数料」「新規事務手数料 (「UQ mobile」では、SIMパッケージ料金)」) の負担を不要とします。加えて2021年夏以降、ブランド間の移行に係る手続きにおいても料金プラン変更と同様のシンプルな手順に変更します。

KDDI株式会社 HPより引用

手数料の見直し

概要

「au」と「UQモバイル」間の移行に係る手数料などの負担を不要とする。

適用時期

2021年2月以降。

対象となる手数料など

  • 契約解除料(最大9,500円)
  • 番号移行手数料(3,000円)
  • 新規事務手数料(au)(3,000円)
  • SIMパッケージ料金(UQモバイル)(3,000円)

適用時期は2021年2月以降ですが、当面は「契約解除料」「番号移行手数料」「新規事務手数料(au)、SIMパッケージ料金(UQモバイル)を一度請求して翌月以降の移行先の利用料金から割り引きするとのこと。

手続きの見直し

概要

「au」と「UQモバイル」間の移行に係る手続きをよりシンプルにする。詳細は改めて案内するとのこと。

対象となる手続き

「au」と「UQモバイル」間の番号移行手続き。
※番号移行とは「au」と「UQモバイル」間を利用中の電話番号そのままで移行すること。
※KDDI・沖縄セルラー間の乗り換え(MNP)は対象外。

適用時期

2021年夏以降。

スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました