ソフトバンク、「ソフトバンク」「Y!mobile」間の乗り換え時にかかる契約事務手数料をウェブ、店舗ともに無料へ

ニュース

ソフトバンクは2020年12月21日(月)、「ソフトバンク」「Y!mobile(ワイモバイル)」間の乗り換え時に発生する契約事務手数料を2021年春以降無料にすると発表。

無料の対象となるのはウェブだけでなく店舗(ソフトバンクショップ)での手続きも含まれるもよう。

※アイキャッチ画像及びトップ画像はソフトバンク HPより引用

スポンサードリンク

ブランド乗り換え時の手数料などを刷新

ソフトバンクは2020年12月21日(月)、「ソフトバンク」と「Y!mobile(ワイモバイル)」間の乗り換えの際に発生する契約事務手数料をウェブ、店舗ともに2021年春以降無料にすると発表。

ソフトバンク株式会社は、“ソフトバンク”と“ワイモバイル”のブランド間ののりかえ時にかかる契約事務手数料を、ウェブ・店舗ともに、2021年春以降に無料にします。

ソフトバンク HPより引用

ソフトバンクは当初、店舗(ソフトバンクショップ)での手続きでは「契約事務手数料」は現状の3,000円のままとしていたが、今回の発表ではこれも無料となり手数料は完全撤廃となる方針とみられる。

  現在 2021年春以降
契約解除料 9,500円 0円
MNP転出手数料 3,000円 0円
契約事務手数料 3,000円 0円

スポンサードリンク

おすすめ格安SIM

UQモバイル auのサブブランド。Web申し込みで最大10,000円のキャッシュバックあり!


Y!mobile ソフトバンクのサブブランド。10分以内の国内通話は無料。


楽天モバイル 「第4のキャリア」として注目。「ZERO宣言」で初期費用など各種手数料が無料!


mineo マイネオ 独自のデータ容量シェアサービスが面白い人気格安SIM。


OCN モバイル ONE ドコモ系の人気格安SIM。安定した通信速度とバランスの良いデータ容量のプランが魅力。


IIJmio ドコモとauの回線が選べる格安SIM。eSIM対応の「データプラン ゼロ」も。


BIGLOBEモバイル ドコモとauの回線が選べる格安SIM。エンタメフリーオプションがお得。


LINEモバイル ドコモ、au、ソフトバンクの回線が選べる。LINEの年齢認証・ID検索にも対応。


イオンモバイル 40種類以上から選べる豊富なプランが魅力。安さも格安SIMではトップクラス。


nuroモバイル ドコモ、au、ソフトバンクの回線が選べる。データの前借りなど独特のサービスあり。


LIBMO(リブモ) キャンペーンを利用すると30GBプランが大幅に割引き!

タイトルとURLをコピーしました