WiMAXは「UQ WiMAX」で申し込むべきか? メリット・デメリットを解説!

光回線・WiMAX

光回線と同じようにインターネット通信サービスの「WiMAX(現在はWiMAX 2+)」もいろんな提供会社がありますね。「WiMAX」と言えば代表的なのは「UQ WiMAX」なのでやっぱりここを選べば間違いない? と、そう単純な話ではなさそうです。

ここではその「WiMAX 2+」を提供している「UQ WiMAX」についてメリットやデメリットを解説したいと思います。

※アイキャッチ画像及びトップ画像はUQ WiMAX HPより引用

UQ WiMAXの特徴

WiMAXといえば「UQコミュニケーションズ」が代表的なんだから「UQ WiMAX」がいいに決まってるんじゃないの?

ところがそういうわけでもないんだよね。まずは「UQ WiMAX」を申し込む場合のメリットとデメリットを見てみようか。

UQ WiMAXのメリット


  • 月額料金が一定。
  • 契約期間が2年間。
  • 契約解除料が少額。
  • 契約更新期間が長い。
  • SIMのみでも申し込み可能。
  • UQモバイル利用者は割引あり。
  • au利用者は割引あり。
  • au利用者はLTEオプション料が無料。

UQ WiMAXのデメリット


  • 端末(ルーター)が有料。
  • 短期間で見ると割高。

UQ WiMAX」で端末セットで申し込む場合、端末代金が有料なんだよね。まあ当たり前なんだけど(笑)。

てことは無料の場合があるってこと?

他のWiMAX提供会社だと端末代金は無料のところがけっこうあるのよ。「UQ WiMAX」の月額料金はまあ安くもなく、高くもなくってとこだけど、端末代金がネックで短期間だとトータルでちょっと割高になっちゃうんだよね。

なるほどー。

ただしそれを補うメリットもあるから、順番に解説していくよ。

スポンサードリンク

デメリットについて

端末(ルーター)が有料

UQ WiMAX」で「機種+SIM」のセットで申し込む場合、端末代金(16,500円)が必要となります。

画像はUQ WiMAX HPより

デメリットというとちょっとかわいそうな気もするけど、やっぱり一番のネックはこれね。

まあ無料で使えるっていうところがあるとどうしても比べてしまうもんねー。

短期間で見ると割高

上記の端末代金の影響があるから仕方ないんだけど、短期間で見ると月額料金以外の費用も含めた1ヶ月あたりの料金はちょっと高いんだよ。

そうなんだ~。

他の提供会社はキャンペーンで端末代金が無料だったりキャッシュバックがあったりするからね。

UQ WiMAX(2年自動更新あり)

月額料金:4,268円×24ヶ月=102,432円
初期費用:3,300円
端末代金:16,500円
合計:122,232円
2年間の1ヶ月あたり:5,093円


GMOとくとくBB (ギガ放題プラン・3年)

3年間の1ヶ月あたり:3,778円

カシモWiMAX (ギガ放題プラン・3年)

3年間の1ヶ月あたり:4,062円

スポンサードリンク

メリットについて

月額料金が一定

UQ WiMAX」で提供されているプランは「ギガ放題プラン」のみで「2年自動更新あり」「2年自動更新なし」「期間条件なし」の3種類から選べます。

2年自動更新あり」は解約を申し出ない限り2年毎に自動的に契約を更新、「2年自動更新なし」は2年経過したら以降は期間の縛りはなし、「期間条件なし」は最初から期間の縛りがなしってことね。

2年自動更新なし」は2年目以降は月額料金が高くなるのね。「期間条件なし」は最初からやや割高なんだね。

それぞれの月額料金(税抜)、及び初期費用は以下のようになっています。

月額料金

料金プラン 課金開始月 1ヶ月目~
24か月目
25ヶ月目~ 
2年自動更新あり 日割 4,268円 4,268円
2年自動更新あり 日割 4,268円 4,455円
期間条件なし 日割 4,455円 4,455円

初期費用

料金プラン 初期費用
2年自動更新あり 3,300円
2年自動更新なし 3,300円
期間条件なし 3,300円

はっきり言っておすすめなのは「2年自動更新あり」。なぜかと言うと、後で詳しく説明するけど期間の縛りはあっても契約解除料が安いから。

あ、そうなんだ。期間の縛りがあると解約するときに高い違約金みたいなのを請求されるっていうイメージがあるけど、そうじゃないのね。

そう考えると月額料金はまあまあ安い方なんだけどね。他の提供会社では割引きで最初は安くても徐々に高くなっていくケースが多いんだよ。

長く使うなら「UQ WiMAX」もじゅうぶんメリットがあるってことかー。

契約期間が2年間

画像はUQ WiMAX HPより

他のWiMAX提供では3年間の契約が多いのですが「UQ WiMAX」では2年間の契約(「2年自動更新あり」)となっています。

また2年間の契約期間以降は縛りのない「2年自動更新なし」や当初から縛りのない「期間条件なし」といった契約も用意されています。

スポンサードリンク

契約解除料が少額

WiMAXを更新月(※)以外で解約する際に発生する契約解除料はほとんどの提供会社では以下のように定められています。
※契約解除料が免除される期間

課金開始月~12ヶ月目:20,900円
13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円

しかし「UQ WiMAX」ではこの契約解除料が下表のように大幅に小さくなっています。

料金プラン 契約解除料 条件
2年自動更新あり 1,000円 更新月以外に解約。
2年自動更新あり 1,000円 満了月より前に解約。
期間条件なし なし

2年自動更新あり」をおすすめした理由はこれなんだよね。2年の縛りがあっても解約時に1,100円しかかからないから月額料金が安い分お得なんだよ。

なるほどー。これなら解約のタイミングを心配する必要がないね!

契約更新期間が長い

契約解除料が免除される更新月は1ヶ月で設定されているWiMAX提供会社がほとんどですが「UQ WiMAX」では契約期間の最終月である「満了月」とその翌月、翌々月の3ヶ月が更新月とされています。

更新月の例

これだけの期間があれば余裕を持って解約できるからいいね。

まあ契約解除料が1,100円だから更新月以外での解約もそんなに気にならないけど、不要な出費を減らすことができるからありがたいよね。

スポンサードリンク

SIMのみでも申し込み可能

画像はUQ WiMAX HPより

UQ WiMAX」では端末+SIMセット以外に、SIMのみでも契約することが可能です。すでにWiMAXの端末を持っている方はSIMのみ契約してWiMAXを利用することができます。

これも「UQ WiMAX」ならではの特徴だよ。

月額料金が高くなったから乗り換えたいっていう人におすすめよね。

UQモバイル利用者は割引あり

UQモバイルを利用している方が「UQ WiMAX」を契約する場合「ギガMAX月割」を申し込むことで、契約中のUQモバイルの月額料金が最大550円割引きになります。

※「くりこしプラン」は「ギガMAX月割」の対象にはなりません。

スマホの月額料金から550円っていうのはけっこう大きいよねー。

これは他の提供会社でも適用されるところがあるけど、同じUQコミュニケーションズだからもちろん「UQ WiMAX」でも割引きされるよ。

UQモバイルのそれぞれのプランに対する割引き額は以下の通りです。

対象プラン 割引額
スマホプラン 550円
おしゃべりプラン
ぴったりプラン
330円

手続きの流れは以下の通りです。

【STEP1】
UQ WiMAX」を申込み。

【STEP2】
UQモバイルで「ギガMAX月割」適用の申込み。

スポンサードリンク

au利用者は割引あり

auスマートフォンまたはauケータイを利用している方が「UQ WiMAX」を契約する場合「auスマートバリューmine」に申し込むことで、auスマートフォンまたはauケータイの月額料金が最大1,100円割引きとなります。

auスマートフォン、auケータイのそれぞれのプランに対する割引き額は以下の通りです。

auスマートフォン

対象プラン 割引額
auピタットプランN(s)
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
(2GBまで)500円
(2GB超~20GBまで)1,000円
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン5(学割専用)
1,000円
データ定額5/8/10/13/20/30
データ定額5cp
U18データ定額20
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
934円
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラット cp(1GB)
カケホ(3Gケータイ・データ付)
743円
データ定額1 500円

ケータイ(4G LTE)

対象プラン 割引額
データ定額5(ケータイ)
データ定額8/10/13(ケータイ)
934円
データ定額2/3(ケータイ) 743円
データ定額1(ケータイ) 500円

ケータイ(3G)

対象プラン 割引額
カケホ(3Gケータイ・データ付) 743円

手続きの流れは以下の通りです。

【STEP1】
UQ WiMAX」で「auスマホ割プラン」を申込み。

【STEP2】
auで「スマートバリュー mine」適用の申込み。

au利用者はLTEオプション料が無料

画像はUQ WiMAX HPより

「WiMAX 2+」では「WiMAX 2+」通信の「ハイスピードモード」と「au 4G LTE」通信と「WiMAX 2+」通信の両方を利用できる「ハイスピードプラスエリアモード」を切り替えることができます。

ハイスピードプラスエリアモード」は主にWiMAX回線が通っていない山間部などで設定することにより自動的に「au 4G LTE」に繋がり快適な高速インターネットを利用することができます。

つまり「WiMAX 2+」で繋がり難い場所では「ハイスピードプラスエリアモード」にすると解決されるっていうわけ。

で、「ハイスピードプラスエリアモード」はオプション料がかかるっていうことなのね。

そう。「ハイスピードプラスエリアモード」を利用した月はLTEオプション料として1,105円が月額料金に加算されるのよ。

なるほどー。

だけどauのスマホを使ってる人は「スマートバリュー mine」を適用することでこのオプション料は無料になるんだよ。

スポンサードリンク

さて、メリット・デメリットが分かったら、一応WiMAXの基本的なことも説明していくよ。

端末(ルーター)について

UQ WiMAX」で選べる端末(ルーター)には以下のような機種があります。価格はいずれも16,500円です。

  W06 WX06 HOME 02 HOME L02
サイズ(mm) 約128×64×11.9 約111×62×13.3 約50×118×100 約93×93×178
重さ 約125g 約127g 約218g 約436g
最大通信速度(下り) 558Mbps 440Mbps 440Mbps 558Mbps
最大接続可能台数 16台 16台 20台 40台
連続通信時間 最大約11時間40分 最大約14時間
バッテリー使用時間 最大約800時間 最大約700時間
電池容量 3,000mAh 3,200mAh

W06」「WX06」はモバイルルーターで「HOME 02」「HOME L02」はホームルーターね。

どう違うの?

モバイルルーターは持ち運びできるタイプでホームルーターは自宅向けのタイプだよ。

モバイルルーターの特徴

メリット


  • 軽量でポケットサイズなので持ち運び可能。
  • 外出先でも使える。

デメリット


  • 充電が必要。
  • 同時接続できる数が少ない。

ホームルーターの特徴

メリット


  • バッテリー切れの心配がない。
  • 同時接続できる数が多い。
  • 多少離れた場所でも電波が届く。

デメリット


  • コンセントに繋ぐ必要がある。
  • 持ち運びには向いていない。
スポンサードリンク

通信速度制限について

WiMAX 2+」では「ハイスピードモード」の月間データ通信量に制限はありませんが、以下の条件を満たすと通信速度制限が課される場合があります。

(1)前日までの直近3日間で「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ通信量の合計が10GB以上となった場合。

(2)「ハイスピードプラスエリアモード」で月間のデータ通信量が7GBを超えた場合。

(1)の場合は通信速度が最大約1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能なレベル)、(2)の場合は通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます。

また「ハイスピードプラスエリアモード」で月間のデータ通信量が7GBを超えた場合であっても「ハイスピードモード」の「WiMAX 2+」通信も制限の対象となるので注意が必要です。

直近3日間のケースはまあ分かるけど「ギガ放題」なのに「「ハイスピードプラスエリアモード」で月間のデータ通信量が7GBを超えた場合」で制限されるのはなんだか納得いかないなー。

うーん、確かにね。必要ないときは「ハイスピードプラスエリアモード」は避けた方がいいかもね。

スポンサードリンク

利用可能エリアを確認

「WiMAX 2+」の提供エリアは「UQ WiMAX」の公式サイトで確認することができます。

ピンポイントエリア判定で「WiMAX 2+」の判定結果(○、△、×で判定)「○」がであればその地域では「WiMAX 2+」が利用できる環境ということです。

画像はUQ WiMAX HPより

スポンサードリンク

申し込みの流れ

UQ WiMAX」は光回線のような工事は不要なので、申し込み後端末が届いたら簡単な設定ですぐに利用することが可能です。

【STEP1】
UQ WiMAX」の公式オンラインショップより申し込み。
参考:UQ WiMAX(公式)

【STEP2】
最短2営業日で発送~端末(ルーター)が届く。

【STEP3】
簡単な設定で利用開始。

スポンサードリンク

まとめ

ということで「UQ WiMAX」についてメリット、デメリットをまとめてみました。

「UQ WiMAX」のメリット


  • 月額料金が一定。
  • 契約期間が2年間。
  • 契約解除料が少額。
  • 契約更新期間が長い。
  • SIMのみでも申し込み可能。
  • UQモバイル利用者は割引あり。
  • au利用者は割引あり。
  • au利用者はLTEオプション料が無料。

「UQ WiMAX」のデメリット


  • 端末(ルーター)が有料。
  • 短期間で見ると割高。

うーん、確かに端末料金を含めるとちょっと割高なんだけど、基本の月額料金はそんなに高くないし契約解除料は1,100円だしメリットも多いよね。

そうね。なかなか比べるのは難しいんだけど長期間使うならおすすめだと思うよ。


おすすめ格安SIM

UQモバイル auのサブブランド。Web申し込みで最大10,000円のキャッシュバックあり!


Y!mobile ソフトバンクのサブブランド。10分以内の国内通話は無料。


楽天モバイル 「第4のキャリア」として注目。「ZERO宣言」で初期費用など各種手数料が無料!


mineo マイネオ 独自のデータ容量シェアサービスが面白い人気格安SIM。


OCN モバイル ONE ドコモ系の人気格安SIM。安定した通信速度とバランスの良いデータ容量のプランが魅力。


IIJmio ドコモとauの回線が選べる格安SIM。eSIM対応の「データプラン ゼロ」も。


BIGLOBEモバイル ドコモとauの回線が選べる格安SIM。エンタメフリーオプションがお得。


LINEモバイル ドコモ、au、ソフトバンクの回線が選べる。LINEの年齢認証・ID検索にも対応。


イオンモバイル 40種類以上から選べる豊富なプランが魅力。安さも格安SIMではトップクラス。


nuroモバイル ドコモ、au、ソフトバンクの回線が選べる。データの前借りなど独特のサービスあり。


LIBMO(リブモ) キャンペーンを利用すると30GBプランが大幅に割引き!

タイトルとURLをコピーしました