UQモバイルの「くりこしプランL(25GB)」を選ぶべき人は?

UQモバイルの基本情報

UQモバイル」には音声通話が付いた料金プランとして「くりこしプランS」「くりこしプランM」「くりこしプランL」の3種類が用意されています。

  • くりこしプランS(3GB:1,628円/月)
  • くりこしプランM(15GB:2,728円/月
  • くりこしプランL(25GB:3,828円/月

どの料金プランも一長一短ありで「これにする!」とスパッと選ぶことができない人も多いのではないでしょうか?

というわけで本記事ではデータ容量25GBの「くりこしプランL」はこんな人に向いている、という解説をしていきます。

「くりこしプラン」最大の25GB

くりこしプランL」は3つの料金プランの中でも一番データ容量が大きい25GBだよ。

月額料金も3,828円で「くりこしプランM」より1,100円高い。「くりこしプランS」と比べると2,200円アップだね。

25GBというデータ容量のわりには必ずしも高くないんだけど、格安SIMに乗り換えたいという人にとってはちょっと高く感じるかもね。

UQモバイル」の「くりこしプラン」の詳細は以下のようになっています。

  S M L
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
データ容量 3GB 15GB 25GB
節約モード時 最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
スポンサードリンク

一般的な利用なら3GB、15GBでもじゅうぶん

はっきり言ってごく一般的な使い方なら「くりこしプランS」とか「くりこしプランM」でじゅうぶんなんだよね。

でも大手3社の大容量プランを使ってる人ってけっこういるよ?

いや~、実際そんなに大容量が必要ってことはないんじゃないかな。

確かにあまりよく分からずに使ってる人もいるかもね。

実はそんなにデータ通信量使ってなかったりとか、自宅でもWi-Fi使ってなかったりとか・・・ ありそうだと思うよ。

例えばNetflixを標準画質で1時間試聴すると約1GBのデータ通信量を消費。1ヶ月に25日間観ることができるということですね。

Netflixで映画やドラマを視聴すると、標準画質のビデオでは1回のストリーミングで1時間あたり約1GB、HDの場合は最大3GBのデータが使われます。

Netflixのヘルプより引用

2時間の映画なら1ヶ月に15本観れるってことだね。

単純に計算するとそうなるわね。

確かにそこまで使う人はあまりいないかな~。

自宅で観るならWi-Fiに接続すればいいわけだからね。

スポンサードリンク

ちょっと特殊な使い方をする場合

だけど大容量が必要って人が全くいないわけではないよね。ちょっと特殊な使い方をする人とか。

特殊? どういう使い方?

特殊って言うと言い過ぎかもしれないけど、まあ、やっぱり仕事で使ってる人かなー。例えばこんな使い方・・・

  • スマホを使ってオンライン会議。
  • 外出先でテザリングを使う。
  • 画像の多い資料をダウンロード。

スマホを使ってオンライン会議

自宅とかWi-Fiを利用できる場所なら問題ないけど、外出先とかだとモバイルデータ通信に頼るしかないね。

音声だけならともかく、ビデオ会議だとデータ通信量はバカにならないねー。

外出先でテザリングを使う

出張先とか営業で外回りをしてるときにパソコンで資料作りするときにテザリングを使ってオンラインで作業するとかよくあるんじゃないかな。

あー、確かにあるよね。固定回線代わりに使ってるみたいなものだね。

画像の多い資料をダウンロード

これもやっぱり外出先での利用。クラウドから資料をダウンロードしたりするケース。

逆に出先で作った資料をアップロードするケースもあるね。

そうだね。テキストだけなら大したことないかもしれないけど、画像をたくさん使ってるファイルなんかをダウンロードするとデータ通信量をたくさん使っちゃうよ。

スポンサードリンク

でも、こういう使い方って会社に費用を負担してほしいよね。

確かにね(笑)。だけど実際その辺の規定があいまいな場合もあるからね。それにフリーランスだと自分でなんとかするしかないよ。

そうかー。

スポンサードリンク

大容量からいきなり小・中容量が不安なら

これまで大手通信キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の大容量プランを使っていて、初めて格安SIMに乗り換える、という場合「あまりデータ容量が少ないと不安・・・」というのであれば試しに「くりこしプランL」を選んでみるのもよいと思います。

これまで節約とか考えずに使ってたから、いきなり小・中容量の料金プランだとどうなるのか不安、っていう人は「くりこしプランL」から始めてみてもいいかもね。

25GBの「くりこしプランL」を使ってみて慣れてみるっていうことね。

そう。もしちょうど良ければそのまま使い続ければいいし、もっと少なくてもいいかもと思えばプラン変更すればいいのよ。

まとめ

ということで「仕事上、データ容量がある程度多めにあった方がいい。」という人や「これまで大容量プランを使っていたのでいきなり小・中容量プランは不安・・・」という人は「くりこしプランL」を選ぶのがよいのではないでしょうか。

3つの料金プランの中で当然月額料金が一番高いんだけど、金額に納得できるならデータ容量が多いにこしたことはないからね。

格安SIMでは25GBの料金プランはほとんど見ないけど、20GB~30GBあたりの料金プランと比べると月額料金がかなり安いから「くりこしプランL」もおすすめだよ。

くりこしプランS」「くりこしプランM」についても参考にしてくださいね。


UQモバイルのキャッシュバックキャンペーン

UQモバイルでは「乗り換え(MNP)でSIMのみを購入(スマホはそのまま)」の場合、最大10,000円キャッシュバックのキャンペーンを実施中!

タイトルとURLをコピーしました