UQモバイルは海外でも使える! しかも事前予約で割引きあり!

UQモバイルの基本情報

実は今度海外旅行に行くんだよ。

そうなの! いいね、楽しんできてね。あ、お土産よろしく。

でもちょっと心配なことがあるんだよ。UQモバイルって海外で使えるのかな?

だいじょうぶ! 海外でも使えるよ!

海外旅行に出かける前にやっておく必要があるのが、現地でネット接続するための準備。何もせずにうっかりデータ通信して高額請求、なんていうことは避けたいですね。

どういう準備をすればよいかは通信キャリアによって対応が変わってくるので、自分が使っているスマホについてしっかり把握しておきましょう。

というわけで、ここではUQモバイルを使っている場合、海外で使うにはどうすればよいかを解説したいと思います。

auの「世界データ定額」が利用可能

KDDIのサブブラドであるUQモバイルは海外でスマホを使う場合、auが提供する国際ローミングサービス「世界データ定額」を利用することができます

画像はau HPより引用

へー、そうなんだ。知らなかった。

これもサブブランドであることの強みだね。

それで「世界データ定額」ってどんなサービスなの?

「世界データ定額」について

世界データ定額の料金

世界データ定額」の利用料は下記のように設定されています。通常1日あたり980円ですが、事前予約することで680円で利用することができます

また「早割キャンペーン」対象の国・地域であれば事前予約することによって1日あたりの利用料は490円に割引きされます。
※早割キャンペーンの終了時期は未定(2021.11.13現在)

事前予約 利用料/1日(24時間)
あり(早割キャンペーン対象) 490円
あり(早割キャンペーン対象外) 690円
なし 980円

これは安いね! はやく予約しなくちゃ!

予約は国内でする必要があるけど、出発までに済ませとけばいいから慌てなくていいよ。

ちなみに「早割キャンペーン」の対象になってるのはどこなの?

早割キャンペーン」対象の国・地域は下記の通りです。

ハワイ、アメリカ(本土)、アメリカ(アラスカ)、カナダ、韓国、台湾、香港、マカオ、タイ、プエルトリコ、米領バージン諸島

あ、わたしの行く韓国も入ってる! ラッキー♪

だいたどこも日本人に人気のある場所じゃないかな。

世界データ定額の対象国・地域

世界データ定額」の対象となっている国・地域は以下の通りです。赤字は「早割キャンペーン」対象の国・地域です。
※早割キャンペーンの終了時期は未定(2021.11.13現在)

ハワイ、アメリカ(本土)、アメリカ(アラスカ)、カナダ、韓国、台湾、香港、マカオ、タイ、プエルトリコ、米領バージン諸島

アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アゾレス諸島、アフガニスタン、アラブ首長国連邦、アルジェリア、アルゼンチン、アルバ、アルメニア、アンギラ、アンゴラ、アンティグア・バーブーダ、イギリス、イギリス(ガーンジー島)、イギリス(ジャージ島)、イギリス(マン島)、イスラエル、イタリア、イラク、イラン、インド、インドネシア、ウガンダ、ウクライナ、ウズベキスタン、エクアドル、エジプト、エストニア、エルサルバドル、オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ、ガーナ、カーボベルデ、ガイアナ、カザフスタン、カタール、カナリア諸島、ガボン、カメルーン、カンボジア、キプロス、キュラソー島、ギリシャ、キルギス、グアテマラ、グアドループ島、グアム、クウェート、クック諸島、グレナダ、クロアチア、ケイマン諸島、コスタリカ、コソボ、コンゴ民主共和国、サイパン、サウジアラビア、サバ島及びシント・ユースタティウス島、サモア、ザンビア、サンマリノ、ジャマイカ、ジョージア、シンガポール、シント・マールテン、スイス、スウェーデン、スペイン、スペイン領北アフリカ、スリナム、スリランカ、スロバキア、スロベニア、セーシェル、セルビア、セントクリストファー・ネイビス、セントビンセントおよびグレナティーン諸島、セントルシア、ソロモン諸島、タークス諸島・カイコス諸島、タジキスタン、タンザニア、チェコ、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、トーゴ、ドミニカ、ドミニカ共和国、トリニダード・トバゴ、トルコ、ナイジェリア、ナウル、ナミビア、ニカラグア、ニジェール、ニュージーランド、ノルウェー、バーレーン、ハイチ共和国、パキスタン、バチカン、パナマ、バヌアツ、バミューダ諸島、バルバドス、ハンガリー、バングラデシュ、フィジー、フィリピン、フィンランド、フェロー諸島、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ブルキナファソ、ベトナム、ベナン、ベラルーシ、ペルー、ベルギー、ポーランド、ボツワナ、ボナイル島、ポルトガル、ホンジュラス、マイヨット島、マケドニア、マディラ諸島、マルタ、マルチニーク島、マレーシア、ミャンマー、メキシコ、モーリシャス、モナコ、モルドバ、モンゴル、モンセラット、モンテネグロ、ラオス、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア
、ルクセンブルグ、ルワンダ、レソト、レユニオン、ロシア連邦、英領バージン諸島、中央アフリカ、中国、南アフリカ

これ以外の場所でデータ通信をすると高額な請求が発生するケースがあるから注意してね。

あー、よく聞くよね。海外で知らずに使ってすごい金額を請求されたって。

まあでも、日本人が海外旅行で行く地域はほとんど網羅されてるよね。

世界データ定額の利用条件

世界データ定額」を利用するには以下の条件を満たす必要があります。

  • 「くりこしプラン+5G」を利用していること。

なんだ、UQモバイルを使ってたら問題ないってことだね。

まあね。でも古い料金プランを使い続けてる人で「世界データ定額」を利用したいなら、早く「くりこしプラン+5G」にプラン変更しといた方がいいね。

世界データ定額のデータ容量

ところで海外で使えるのはいいとして、どのくらいネット接続できるんだろう? さすがに無制限ってことはないよね?

UQモバイルで「世界データ定額」を利用して海外で使ったデータ通信量は「くりこしプラン+5G」のデータ容量から消費されるんだよ。

世界データ定額でご利用の通信量は、「くりこしプラン+5G」の月間データ容量やデータチャージのデータ容量購入分から消費します。

au HPより引用
くりこしプラン+5G データ容量
S 3GB
M 15GB
L 25GB

なるほどー。MLなら余裕がありそうだけどSはちょっと心配だね。

確かにね。海外旅行だとけっこうデータ通信量増えそうだよね。

データ容量の少ない「くりこしプラン+5G」のSを使ってる場合はもちろん、MLでも普段ギリギリになるといった使い方をしている人は、旅行の前月からなるべく節約してデータ容量を繰り越しておくなどしてデータ容量をセーブしておきましょう。

旅行先でもなるべくWiFiを使ったりしてデータ通信量を節約するように心がけるといいね。

もし旅行中にデータ容量を使い切っちゃったらどうなるの? それ以降は使えなくなっちゃうのかな?

だいじょうぶ。国内で使ってる場合と同じようにチャージできるから心配無用だよ。

世界データ定額の利用方法

世界データ定額」を利用するなら公式アプリを使うと便利なのでダウンロードしておくことをおすすめします。

世界データ定額

世界データ定額

KDDI CORPORATION無料posted withアプリーチ

事前予約する場合

出発前(国内ですること)

①予約する
アプリから予約を行います。渡航先、利用開始日時、利用コース(日数)、利用終了日時など入力します。

画像はau HPより引用

②「データローミング」をON
スマートフォンの「データローミング」をONにしておきます。

到着後(現地ですること)

③「機内モード」「Wi-Fi」をOFF
スマートフォンの「機内モード」をOFF、「Wi-Fi」をOFFにします。

利用開始時間になると自動的にデータ通信が開始されます。
※終了時刻になると自動的にデータ通信が終了します。

事前予約といってもアプリからパパっとできちゃうよ。

なるほどー、けっこう簡単そうだね!
あ、ところでもし到着が遅れたらどうなるのかな? 利用開始時間を過ぎてしまった分は損しちゃうよね・・・

それも心配無用。現地でデータ通信が始まったときからカウントされるんだよ。終了時間もそれに合わせてくれるから予定してた利用期間分はしっかり使えるよ。

現地への到着が遅れても、予約した利用期間内に到着すれば、到着した時間より自動で利用開始され、 予約した時間分のデータ通信をそのまま利用できます。

au HPより引用

そっかー、それなら安心!

事前予約しない場合

出発前(国内ですること)

①「データローミング」をON
スマートフォンの「データローミング」をONにしておきます。

到着後(現地ですること)

②「機内モード」「Wi-Fi」をOFF
スマートフォンの「機内モード」をOFF、「Wi-Fi」をOFFにします。

③SMS受信
世界データ定額」利用に関するSMSが送られてくる。

画像はau HPより引用

④利用開始
アプリを起動、希望するコースを選択して利用開始します。

画像はau HPより引用

現地に到着してからでも使えるのなら、うっかり予約するのを忘れてたとしてもだいじょうぶだね。

そうだね。でもせっかく安くなるんだからなるべく忘れずに事前予約しといたほうがお得だよ。

注意すること

通信速度制限について

利用できるデータ容量を超過した場合は通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます。

128kbpsはちょっと厳しいねえ。

まあその場合はチャージする方がいいかな。

また、利用開始から24時間ごとのデータ通信量が3GBを超えた場合、次の24時間の開始時までに通信速度が送受信最大1Mbpsに制限されます。

なるほどー。でも24時間で3GBって、よほど派手に使わなければだいじょうぶだよね。

うん。制限されたとしても1Mbpsならそんなにストレスなく使えるよ。

古い料金プランでは利用不可

UQモバイルで「世界データ定額」を利用するには「くりこしプラン+5G」を契約している必要があります。古い料金プラン(現在は新規受付をしていない)を利用している場合は注意。

利用条件でも説明したけど「くりこしプラン+5G」を利用してない場合は注意だよ。

たぶん「くりこしプラン」を使ってる人はまだたくさんいるだろうからね。

テザリング可、でも容量に注意

世界データ定額」でテザリングは可能ですが、当然データ通信量が増えることになるので残データ容量には注意しましょう。

テザリングできるのは便利だね。まあでもデータ容量の消費が早くなるのは当たり前だよね。

うん。グループ旅行なんかで数人でテザリングしてネット接続したいなら、敢えて「海外ダブル定額」を使う手もあるんだよ。

まとめ

海外旅行でネット接続するにはWiFiルーターをレンタルしたり、現地で旅行者向けのプリペイドSIMを購入したり、方法はいろいろありますがスマホを持って行くだけでそのまま使えるならそれに越したことはないですよね。

格安SIMでありながらUQモバイルが国際ローミングサービスが利用できるというのは、大手通信キャリアのサブブランドという強みであり大きなメリット。

また国際ローミングサービスはどうしても利用料が高くなるイメージがありますが「世界データ定額」はかなり安く料金設定されています。

これで安心して海外旅行に行けるよ。

楽しんできてね。お土産待ってるよ~。


UQモバイルオンラインショップでは「SIMのみを購入(スマホはそのまま)」の場合、最大10,000円キャッシュバックのキャンペーンを実施中!

タイトルとURLをコピーしました