UQモバイル「くりこしプラン」と「LINEMO(ラインモ)」を徹底比較

UQモバイルの基本情報

ドコモ、au、ソフトバンクからそれぞれ「ahamo」「povo」「LINEMO(ラインモ)」というオンライン専用プランが発表されました。

どの料金プランも大幅に値下げされたことで注目を集めています。さっそく乗り換えを検討している人も多いでしょう。

しかし同時にUQモバイルから発表された新料金プラン「くりこしプラン」もなかなか侮れないのです。というわけでここではUQモバイルの「くりこしプラン」とソフトバンクの「LINEMO」を比較してみたいと思います。

くりこしプランとLINEMOの基本情報

まずはデータ容量や月額料金といった、UQモバイルの「くりこしプラン」とソフトバンクの「LINEMO」それぞれの基本情報を比較してみましょう。

  くりこしプラン LINEMO
S M L
月額
料金
1,628円 2,728円 3,828円 2,728円
データ
容量
3GB 15GB 25GB 20GB
容量
超過時
最大
300Kbps
最大
1Mbps
最大
1Mbps
最大
1Mbps
通話
22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒
無料
通話
なし なし なし なし
繰り
越し
あり あり あり なし
節約
モード
あり あり あり なし
最低
利用期間
なし なし なし なし
契約
解除料
なし なし なし なし

スポンサードリンク

くりこしプランMとLINEMO

「くりこしプラン」には3種類あるけど「LINEMO」と比べやすいのは「くりこしプランM」だね。

くりこしプランM」と「LINEMO」で異なる点には以下のようなものがあります。

データ容量
くりこしプランM:15GB、LINEMO:20GB

データ容量の繰り越し
くりこしプランM:あり、LINEMO:なし

節約モードの切り替え
くりこしプランM:あり、LINEMO:なし

同じ金額だと「LINEMO」の方がデータ容量が5GB多いからお得なんじゃない?

確かにね。でも「くりこしプラン」は「データ容量繰り越し」と「節約モードの切り替え」ができることを考慮するとそうとも言えないんだよ。

「くりこしプランM」は節約モードが使える

画像はUQモバイル HPより引用

くりこしプラン」では「高速モード」と「節約モード」を自由に切り替えて使用することができます。「くりこしプランM」で「節約モード」に切り替えた場合、通信速度が最大1Mbpsでのデータ通信となります。

高速モード
通常の状態。高速のデータ通信が可能。利用した分だけデータ通信量を消費する。

節約モード
通信速度を抑えた状態。この状態で利用してもデータ通信量を消費することはないのでデータ容量は減らない。

節約モード」を使ってネットに接続している限りデータ容量は減らないのよ。これは「くりこしプラン」の大きなメリットだね。

でも遅くて使いづらいってことはないのかな?

くりこしプランS」の場合は節約モードだと通信速度が最大300Kbpsだから、ちょっとストレスがあるかもね。でも「くりこしプランM」なら最大1Mbpsで使えるからそんなに気にならないわよ。

なるほどねー。

SNSなんかは普通に使えるし、画質を落とせば動画だって通常通り観ることができるよ。

これは「LINEMO」にはない機能なのね。

LINEMO」もデータ容量を使い切った後は最大1Mbpsでのデータ通信になるんだけど「節約モードを使ってデータ容量の消費を抑える」というような使い方はできないんだよ。

「くりこしプランM」はデータ容量の繰り越しができる

画像はUQモバイル HPより引用

くりこしプラン」は当月に使い切れずに余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができるんだよ。

くりこしプラン」っていう名前が付けられてるくらいだからこれは特に象徴的な機能だよね。

うん。これにさっき説明した「節約モード」を組み合わせて使うことで大きな威力を発揮するんだよ。

くりこしプラン」では、なるべく「節約モード」の状態でデータ通信量を抑えながら利用することで、余ったデータ容量を翌月に繰り越して本来のデータ容量以上のデータ通信を可能にする、といった使い方できるのです。

例えば節約して1ヶ月に5GBしか使わなかったら、余った10GBが翌月に繰り越されるよね。そうすると翌月は25GB使えることになるわけよ。

使い方次第で「LINEMO」よりも大きなデータ容量で使えるってことか。これは確かに魅力のある機能だね。

スポンサードリンク

くりこしプランSとLINEMO

くりこしプランS」と「LINEMO」ではデータ容量に大きな違いがあるから、この2つで悩む必要はないないんじゃないかな?

確かに3GB20GBだと差が大きいもんね。

安さを求める人なら「くりこしプランS」を選ぶだろうね。逆にある程度データ容量が欲しいという人は「LINEMO」の方がいいかも。

特にこれまで大容量プランを使っていた場合「くりこしプランS」は使用できるデータ容量が3GBなので「ちょっと少な過ぎるかも・・・」と思われる方がいるかもしれませんね。

でも下記のような点に注意して使えば意外に3GBでも使えるんですよ。

  • 自宅ではWi-Fiに接続してスマホを使う。
  • 職場でWi-Fiが使えるなら接続する。
  • 外出中はなるべくフリーWi-Fiを使う。
  • Wi-Fiが無い環境では動画など大量のデータ通信量を消費する使い方は避ける。

Wi-Fiを積極的に使えば意外に3GBでもだいじょうぶだよ。むしろ余るくらい。

逆に「外出中でもどうしても動画を観たい」「あまり節約を気にせず使いたい」っていう人はデータ容量の大きなプランを選ぶのがいいかもね。

くりこしプランS」が向ている人については下記記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

スポンサードリンク

くりこしプランLとLINEMO

くりこしプランL」とLINEMOは月額料金で1,100円、データ容量で5GB違うわけなんだけど、実際には性質がかなり違ってくるんだよ。

そうなの?

うん。「くりこしプランM」でも説明したけどデータ容量の繰り越しを利用すれば1ヶ月に最大で50GBまでデータ通信が可能だからね。大容量並みの使い方もできるんだよ。

そうか、LINEMOはどうやっても20GBまでだからね。

例えば「くりこしプランL」である月に8GB使用。余った17GBが繰り越されるので、翌月は42GB使用することができます。さらにこの月に12GB使用した場合、余った30GBのうち25GBは翌月に繰り越される(※)ので次の月は50GB使えるということになります。
※「くりこしプランL」で繰り越されるデータ容量は最大25GBまで。

とはいっても50GBもそうだけど25GBでも、日常生活で普通に使っててそんなに必要なのか? っていう疑問はあるんだけどね。

たしかに普段からWi-Fiに接続して使うことを心掛けてたらそんなに使うことはないかなー。

あるとすれば仕事でもスマホを使ってる人かな。テザリングを使って外出先で資料を作ったり、スマホを使ってWeb会議をしたりとか・・・

くりこしプランL」が向ている人については下記記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

スポンサードリンク

その他の特徴

その他、UQモバイルのくりこしプランとソフトバンクのLINEMOについては、それぞれ下記のような特徴があります。

くりこしプランの特徴


  • キャリアメールは有料オプションで利用可能。
  • 新規契約などの手続き、相談はオンライン及び店頭(UQスポット)でも可能。
  • UQ家族割は適用対象外(カウントはされる)。
  • UQ学割の対象。
  • シニア割の対象。
  • ギガMAX月割は適用対象外。
  • テザリングは無料。

LINEMOの特徴


  • キャリアメールは利用できない。
  • 新規契約などの手続き、相談はオンラインのみ。
  • LINEでの各種手続きが可能。
  • おうち割 光セットは対象外。
  • LINEの利用ではデータ通信量がカウントされない。
  • 「アメリカ放題」に対応。
  • テザリングは無料。
  • eSIMに対応。

LINEMOはソフトバンクの「アメリカ放題」には対応するんだね。

うん。気になってた人は多いんじゃないかな。アメリカによく出かける人には朗報だね。

スポンサードリンク


くりこしプランは「UQ家族割」と「ギガMAX月割」の対象にはならないのか・・・

これは対象外になったというより、最初から割引きされた価格にした、っていう見方が正しいんだよ。

そうなの?

うん、これを見るとよく分かるよ。

スマホプランS(3GB)
2,178円 ⇒ UQ家族割適用で2回線目以降は1,628円

くりこしプランS(3GB)
最初から1,628円


スマホプランR(10GB)
3,278円 ⇒ UQ家族割適用で2回線目以降は2,728円

くりこしプランM(15GB)
最初から2,728円


※ギガMAX月割はUQ家族割の親回線から割引きされるのでUQ家族割の割引きと重複することはない。

ほんとだ「くりこしプラン」は最初から、しかも1人でも550円安くなってるってことか・・・

そのうえ「くりこしプランM」は5GB増量されてるからね。

スポンサードリンク


LINEMOはオンライン専用だから、手続きや問い合わせはWebやLINEだけなんだね。

その点で言えば「くりこしプラン」はオンラインでも店頭でも手続きができるのは便利だよ。特にお年寄りにとってはありがたいよね。

UQモバイルはもともとそうだったからあまり意外な感じはしないけど、こうなってくると店舗のある格安SIMって貴重だよねー。

そうだね。初めて格安SIMに乗り換える人とか、これまでずっとガラケーを使っててまだスマホに慣れてない人にはオンラインだけだとちょっとハードルが高いからね。

スポンサードリンク

まとめ

というわけでUQモバイルの「くりこしプラン」とソフトバンクの「LINEMO」について比較してみました。

LINEMO」をはじめドコモの「ahamo」、auの「povo」に注目が集まっているのですが「くりこしプラン」もかなりおすすめだということがお分かりいただけるのではないかと思います。

大手3社のオンライン専用プランが話題だけど「くりこしプラン」もじゅうぶん対抗できるんだよ。

確かに乗り換えを検討してる人は「くりこしプラン」も候補に加えてみるといいね!

ドコモの「ahamo」とauの「povo」についても比較しているので参考にしてください。


UQモバイルのキャッシュバックキャンペーン

UQモバイルでは「乗り換え(MNP)でSIMのみを購入(スマホはそのまま)」の場合、最大10,000円キャッシュバックのキャンペーンを実施中!

タイトルとURLをコピーしました