UQモバイル「くりこしプラン +5G」と「LINEMO(ラインモ)」を徹底比較

他の格安SIMとの比較

ドコモ、au、ソフトバンクの大手三大通信キャリアはそれぞれ「ahamo」「povo」「LINEMO(ラインモ)」というオンライン専用ブランドを展開しています。

新規契約、乗り換え(MNP)といった各種手続きやユーザーに対するサポートを基本的にオンラインで対応することによって月額料金が格安に設定されているのが特徴です。

各ブランドの内容が気になる! という人も多いかと思いますので、ここではUQモバイルの「くりこしプラン +5G」とソフトバンクの「LINEMO」についていろいろと比較してみたいと思います。

それぞれの基本情報

UQモバイルの「くりこしプラン +5G(S、M、L)」、LINEMOの「ミニプラン」「スマホプラン」それぞれのデータ容量や月額料金といった基本情報をみてみましょう。

まずはUQモバイルの「くりこしプラン +5G」を見てみよう。

UQモバイル(くりこしプラン +5G)

S M L
データ容量 3GB 15GB 25GB
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円

LINEMOは「ミニプラン」と「スマホプラン」の2種類なんだね。

LINEMO(ミニプラン、スマホプラン)

ミニプラン スマホプラン
データ容量 3GB 20GB
月額料金 990円 2,728円

スポンサードリンク

それぞれのプラン別に比較

じゃあ次は分かりやすいようにそれぞれをプラン別に比べてみようか。

内容が似ているプラン同士を比べると違いがよく見えてくるよね。

そうだね。比べるポイントもいろいろ増やしてどっちにどんなメリット、デメリットがあるのか見ていこう。

「くりこしプランS +5G」と「ミニプラン」

先ずはUQモバイルの「くりこしプランS +5G」とLINEMOの「ミニプラン」を比較してみましょう。

くりこしプラン +5G ミニプラン
S
データ容量 3GB 3GB
月額料金 1,628円 990円
容量超過時 最大300Kbps 300Kbps
無料通話 なし なし
繰り越し あり なし
節約モード あり なし
最低利用期間 なし なし
契約解除料 なし なし
店頭サポート あり なし

スポンサードリンク

月額料金

月額料金だとLINEMOの方が638円も安いのか・・・

そうだね。単純に月額料金だけを比較するとLINEMOに分があるよね。

容量超過時の通信速度

くりこしプランS +5G」「ミニプラン」のいずれも、月間のデータ通信量が規定のデータ容量を超過した際の通信速度は300Kbpsとなっています。

これはどっちも同じ300Kbpsなんだね。

うん。「最大」が付いてるのと付いてないのがちょっと気になるけど、まあどちらも同じというイメージでいいんじゃないかな。

うーん、300Kbpsだとちょっと厳しいねぇ・・・

確かにね。そういう意味だと「繰り越し」のできるUQモバイルの方がちょっと有利かもね。「繰り越し」については後述するよ。

無料通話

「◯◯分以内の通話は無料」といった無料通話のサービスは「くりこしプランS +5G」「ミニプラン」いずれにもありません。

通話料は電話した分だけかかるってことか。

うん。有料のオプションはどちらにもあるからよく電話をする人はオプションを付けるといいかもね。これも後で説明するよ。

スポンサードリンク

繰り越し

くりこしプランS +5G」では当月使い切れなかったデータ容量を翌月に繰り越すことができますが「ミニプラン」では繰り越すことはできません。

ミニプラン」は繰り越しできないのか~

この違いは大きいよね。「ミニプラン」の方が月額料金は安いんだけど「くりこしプランS +5G」は繰り越しすれば月に最大6GB使えることになるからね。

画像はUQモバイル HPより引用

節約モード

くりこしプランS +5G」では「高速モード(通常のデータ通信)」とデータ通信量が一切発生しない「節約モード」を自由に切り替えることができます。「ミニプラン」には同様の機能はありません。

くりこしプランS +5G」では「節約モード」でのデータ通信は最大300Kbpsとなりますがデータ容量は消費しません。

これもかなり便利な機能なんだよ。SNSなんかは節約モードでもじゅうぶん使えるからね。

ムダな消費を抑えてデータ容量を温存できるってことだね。

そういうこと。データ容量を貯めておくことができれば繰り越しのできるUQモバイルには有利になるわけだよ。

スポンサードリンク

最低利用期間・契約解除料

くりこしプランS +5G」「ミニプラン」ともに「最低利用期間」「契約解除料」といった制約や支出はありません。

スマートフォンの契約では「◯年以内に解約した場合、契約解除料として~」なんていう条件が付く場合があるんだけどUQモバイル、LINEMOにはそういった制約はないよ。

てことは、いつでも好きなときに解約したり乗り換えたりしたりできるってことよね。

その通り。スマホの契約については、最近はもうそういう方向に流れているよね。

店頭サポート

UQモバイルは全国の「UQスポット(UQ専売ショップ)」「au Style」「au ショップ(一部店舗を除く)」での対応が可能です。LINEMOはオンライン専門のブランドである為、店頭でのサポートはありません。

まあUQモバイルもわざわざ店舗に行くことはそんなに無いとは思うけど、それでも対応してくれるっていうのはいざという時には助かるかも。

お年寄りにとっては実店舗でスタッフが対応してくれるのはありがたいだろうね。

そうだね。そのあたりのサービスの違いが料金の差に出てるんじゃないかな。

スポンサードリンク

「くりこしプランM・L +5G」と「スマホプラン」

続いてUQモバイルの「くりこしプランM +5G」「くりこしプランL +5G」とLINEMOの「スマホプラン」を比較してみましょう。

くりこしプラン +5G スマホプラン
M L
データ容量 15GB 25GB 20GB
月額料金 2,728円 3,828円 2,728円
容量超過時 最大1Mbps 最大1Mbps 最大1Mbps
無料通話 なし なし なし
繰り越し あり あり なし
節約モード あり あり なし
最低利用期間 なし なし なし
契約解除料 なし なし なし
店頭サポート あり あり なし

スポンサードリンク

月額料金

月額料金は「くりこしプランM +5G」と「スマホプラン」が2,728円で同じなんだね。それで「スマホプラン」の方がデータ容量が5GB多いってことか。

うん。ただ料金が同じってことになると5GBの差はそれほど決定的じゃなくなるんだよ。

容量超過時の通信速度

くりこしプランM +5G」「くりこしプランL +5G」「スマホプラン」のいずれも、月間のデータ通信量が規定のデータ容量を超過した場合、以降のデータ通信は通信速度が最大1Mbpsとなります。

くりこしプランS +5G」と「ミニプラン」は最大300Kbpsだったけど、こっちは最大1Mbpsなのか。

最大1Mbpsってのはいいね。TwitterやFacebookみたいなSNSならじゅうぶん使える速度だよ。

これならデータ容量を使い切ったとしても、そんなに慌てる必要がないよね。

うん。それにUQモバイルなら節約モードでも最大1Mbpsだからさらに便利なんだよ。これは後で説明するよ。

無料通話

無料通話のサービスは「くりこしプランM +5G」「くりこしプランL +5G」「スマホプラン」いずれにもありません。

これは「くりこしプランS +5G」「ミニプラン」と同じでやっぱり最初から通話料が必要と・・・

そうだね。必要に応じて有料のオプションを付けるかだね。

スポンサードリンク

繰り越し

くりこしプランM +5G」「くりこしプランL +5G」は当月使い切れずに余ったデータ容量を翌月に繰り越すことが可能。「スマホプラン」ではデータ容量の繰り越しはできません。

LINEMOはデータ容量の繰り越しの機能は無いってことか・・・

やっぱりここがUQモバイルとLINEMOの大きな違いだよね。繰り越しできることで使えるデータ容量が倍になるわけだよ。

なるほどー、単純にそれぞれのプランのデータ容量を比べるだけじゃどちらにメリットがあるか分からないってことか。

その通り。「くりこしプランM +5G」と「スマホプラン」は月額料金が同じ2,728円で「スマホプラン」の方がデータ容量が20GBで5GB大きいんだけど「くりこしプランM +5G」は繰り越しができるから月間に最大30GB使えることだってあり得るからね。

節約モード

くりこしプランM +5G」「くりこしプランL +5G」は「節約モード」が利用可能。「スマホプラン」には通信速度を切り替える機能はありません。

くりこしプランM +5G」「くりこしプランL +5G」の場合「節約モード」でのデータ通信は最大1Mbpsとなり、「節約モード」を利用中はデータ容量を消費することはありません。

これは「くりこしプランM +5G」では特に威力を発揮するんだ。

そうなの? MでもLでも同じじゃないの?

確かに機能としては同じだよ。

くりこしプランM +5G」で「節約モード」を利用した場合、通信速度は最大1Mbpsとなります。これはSNSやネット検索など一般的なデータ通信であればそれほどストレス利用することができます。

つまり日常的に「節約モード」を利用していればデータ容量がそんなに減ることがない。そうなると繰り越すデータ容量も増える。ということで毎月ほぼ倍の量の30GBが使えるってことになるんだよ。

あー、なるほどねー。

たぶん一般的な使い方をしてれば月に30GBあればじゅうぶんだと思うんだ。そうなると「Lじゃなくてもいいよね」ってことになるよ。

確かに、外出時に動画を高画質で長時間観たりすることでもない限りそんなに大量のデータ通信量を使うことはないかもね。

スポンサードリンク

最低利用期間・契約解除料

くりこしプランM +5G」「くりこしプランL +5G」「スマホプラン」ともに「最低利用期間」「契約解除料」はありません。

最低利用期間」や「契約解除料」に関してはUQモバイルもLINEMOも特に気にする必要はないみたいだね。

そうだね。今後はそういったいわゆる「縛り」はどこでも無くなっていく方向だと思うよ。

店頭サポート

UQモバイルは「くりこしプランS +5G」と同じで店頭サポートあり。

一方のLINEMOも店頭サポートなしっていうのは「ミニプラン」と同じだね。

スポンサードリンク

その他の特徴

その他、UQモバイルの「くりこしプラン +5G」とソフトバンクの「LINEMO」については、それぞれ下記のような特徴があります。

「くりこしプラン +5G」の特徴


  • 有料オプションでキャリアメールが利用可能。
  • 「自宅セット割」(条件次第で家族も可)あり。
  • 60歳以上は通話オプションが割引き。

LINEMOの特徴


  • LINEでの各種手続きが可能。
  • 「LINEギガフリー」あり。

スポンサードリンク

「くりこしプラン +5G」の特徴

キャリアメールが利用可

UQモバイルはサブブランドとしては珍しく「キャリアメール」が利用可能となる有料オプションを提供しています。

「メールサービス」オプション


月額料金
220円

利用アプリ
iPhone:「メッセージ」が利用可能。
Android:「CosmoSia」が利用可能。

まあでも、今はキャリアメールってそんなに使わないよね。

LINEやメッセンジャーアプリを使ってる人がほとんどだろうからな~。

自宅セット割

UQモバイルはでんきサービス・インターネットサービスと併用することで月額料金が割引きとなる「自宅セット割」を提供しています。

自宅セット割」は本人のみならずUQモバイルを利用する家族にも適用されます。詳しくは下記記事を参照してください。

60歳以上は通話オプションが割引き

60歳以上のユーザーは通話オプション「かけ放題(24時間いつでも)」の月額料金1,870円が永年1,100円割引きとなります。

また「メールサービス」オプション(月額料金220円)を無料で利用することができます。

これはけっこう嬉しいかも。

確かに月額料金770円で音声通話がかけ放題になるのは大きいね。

LINEMOの特徴

LINEでの各種手続きが可能

画像はLINEMO HPより引用

LINEMOでは請求金額の確認やチャージ(データ量の追加購入)といった手続きをLINEアプリから行うことができます。

LINEMOはソフトバンク傘下のLINEモバイルの後継ブランドだけあってLINEアプリとの連携が最大の特徴だからね~。

LINEアプリは馴染みのある人が多いだろうからこれは便利だよね。

LINEMO

LINEギガフリー

画像はLINEMO HPより引用

こちらもLINEMOならではのサービス「LINEギガフリー」。LINEアプリのトーク、音声通話、ビデオ電話などはデータ容量を消費することなく利用することができます。

データ通信量ゼロで使えるってことは、つまり月間のデータ容量を使い切ったとしてもLINEアプリの利用では通信速度制限はかからないってことだよ。

あー、そうか。なるほどねー、それはけっこう嬉しいかも。

LINEMO

まとめ

というわけでUQモバイルの「くりこしプラン +5G」とソフトバンクの「LINEMO」について比較してみました。

月額料金だけ見るとLINEMOの方が割安なんだけど他の要素も合わせて比べてみるとまたちょっと見方が変わってくるねー。

やっぱりUQモバイルは「繰り越し」と「節約モード」のポイントが高いんだよね。使い方次第でかなり便利な料金プランになるよ!

ドコモの「ahamo」とauの「povo」についても比較しているので参考にしてください。

スポンサードリンク


UQモバイルのキャンペーン

UQモバイルオンラインショップでは「SIMのみを購入(スマホはそのまま)」の場合、最大10,000円相当がau PAY 残高に還元されるキャンペーンを実施中!

画像はUQモバイル HPより引用
タイトルとURLをコピーしました