UQモバイル「くりこしプラン +5G」の高速通信と低速通信について

UQモバイルの基本情報

スマホを使ってると「あれ、なんだかネット接続が遅くなった?」と感じたことがありませんか。

もちろん何らかのトラブルでそうなることもあるのですが、各通信事業社では明確に「高速通信」「低速通信」というのが存在します。

UQモバイルでもデータ通信において「高速通信」「低速通信」があり、各種条件によって使い分けられています。

高速通信について

高速通信」というのは、何も制約がかかっていない通常のデータ通信のことを指しています。UQモバイルの場合、4G LTEで最大225Mbps(下り)、5Gで最大2.1Gbps(下り)が「高速通信」における通信速度とされています。

もちろん、屋内、車の中、地下、トンネルの中、ビル陰、山間部といった電波が伝わりにくい場所では通信速度が低下することがありますが、具体的な数値を以て決めているわけではありません。

つまり普通に使っている状態のこと「高速通信」と呼んでいるんだよ。

よくいろんな格安SIMを比べるときの基準の1つにされる「繋がりやすさ」はこの「高速通信」の状態でのことを言ってるんだね。

スポンサードリンク

低速通信について

低速通信」とは通常の「高速通信」での通信速度に対して一定の制限をかけた状態のことを指しています。

要するに通信速度が遅くなるってことよね。

そうだね。ただし「低速通信」での通信速度は条件によって違ってくるんだよ。

スポンサードリンク

低速通信になるケース

UQモバイルでのデータ通信において「低速通信」、つまり通信速度に制限がかかる条件としては以下のようなケースがあります。

  • 月間のデータ容量を使い切ったとき。
  • 直近3日間に大量のデータ通信を利用したとき。
  • 節約モードを利用しているとき

月間のデータ容量を使い切ったとき

各料金プランにおいて月間のデータ通信量がデータ容量の上限を超過すると、以降のデータ通信は「低速通信」となります。

データ容量を使い切っちゃうとその後は「低速通信」でのデータ通信になるんだよ。全く使えなくなるわけじゃないのよ。

なるほどねー。つまり「データ容量」っていうのは「高速通信」でのデータ通信ができる容量、っていうことなんだね。


直近3日間に大量のデータ通信を利用したとき

ネットワークの混雑を回避するという目的の為、直近3日間のデータ通信量が6GBを超えると通信速度に制限がかかります。

これは短時間に大量のデータ通信が発生すると回線が混雑してしまうっていう問題を回避するための措置だね。

でも3日で6GBっていうのはかなり派手な使い方だよね(笑)。

まあね(笑)。でも、自宅でうっかりWiFiに接続するのを忘れて動画を長時間観てたりするとこういうことになるかもね。


節約モードを利用しているとき

節約モード」を利用している間は低速通信となります。「節約モード」について詳しく下記記事を参考にしてください。

これは敢えて「低速通信」を利用してデータ容量の消費を控えるっていう機能だよ。

軽い」データ通信なら「低速通信」でもストレスがないからこれは便利な機能だね。

スポンサードリンク

低速通信時の通信速度

月間のデータ容量を使い切ったとき

データ容量を使い切った後の「低速通信」時の通信速度は、契約している料金プランにより以下のように定められています。

くりこしプラン +5G
通信速度(下り)
S 最大300Kbps
M 最大1Mbps
L 最大1Mbps

直近3日間に大量のデータ通信を利用したとき

直近3日間のデータ通信量が6GBを超えると通信速度に制限がかかりますが、このときの通信速度については非公表となっています。

くりこしプラン +5G
通信速度(下り)
S 非公表
M 非公表
L 非公表

節約モードを利用しているとき

節約モード」を利用することによる「低速通信」の通信速度は、契約している料金プランにより以下のように定められています。

くりこしプラン +5G
通信速度(下り)
S 最大300Kbps
M 最大1Mbps
L 最大1Mbps

スポンサードリンク

低速通信を解除する方法

月間のデータ容量を使い切ったとき

データチャージ」してデータ容量の残量を増やすことで「低速通信」の状態を解除することができます。


直近3日間に大量のデータ通信を利用したとき

日が変わることによって「低速通信」の状態は自動的に解除されます。


節約モードを利用しているとき

高速通信」に切り替えることによって「低速通信(節約モード)」の状態を解除することができます。

スポンサードリンク

まとめ

UQモバイルを使ってて実際に「低速通信」になりそうなケースは「月間のデータ容量を使い切ったとき」「節約モードを使っているとき」かな。

確かにそうだね。「節約モード」は意識して使うわけだし。

ただ、この2つのケースでは「くりこしプランM +5G」「くりこしプランL +5G」での「低速通信」は「最大1Mbps」だからそんなにストレスなく使えるんだよ。特に「くりこしプランM +5G」はおすすめだね。

なるほどー。「低速通信」も格安SIMや料金プランを選ぶときのポイントとして抑えておくといいね!

スポンサードリンク


UQモバイルのキャンペーン

UQモバイルオンラインショップでは「SIMのみを購入(スマホはそのまま)」の場合、最大10,000円相当がau PAY 残高に還元されるキャンペーンを実施中!

タイトルとURLをコピーしました